不妊治療で新しい命を宿す|安産を約束するプロセス

医者

必要な栄養を摂取する

妊婦

妊娠した際にはお腹の中にいる赤ちゃんの分までしっかり栄養を摂取する必要がありますので、日頃から栄養をしっかり意識して食事の献立を考えるようにしましょう。妊婦が摂取する栄養成分が偏っていたり、不足していたりすると赤ちゃんの細胞を作ることが出来なくなってしまいます。お腹の中にいる赤ちゃんの発育を促す為に必要不可欠な栄養成分として挙げられるのが葉酸です。葉酸は細胞分裂を促進するという効果がありますので、お腹の中にいる赤ちゃんの細胞分裂を促進して、流産や神経障害などのリスクも減少させることが出来ます。葉酸はホウレン草や枝豆やブロッコリーなどに多く含まれていますので、意識して摂取するようにしましょう。
歯や骨を形成するカルシウムも母子ともに必要不可欠な栄養素で、妊娠中にカルシウムが不足してしまうと骨粗しょう症の症状が出てしまうこともあります。一般的な成人女性は一日に600ミリグラムのカルシウムが必要と言われていますが、妊婦は一日に900ミリグラムものカルシウムが必要と言われています。出産した後は一日1,100ミリグラムのカルシウムが必要と言われていますので、妊娠中と出産した直後はカルシウムが多く摂取できる食品を食べるように心がけましょう。その他にも、妊婦は鉄分やタンパク質といった成分が必要になりますが、毎日の食生活でついつい不足してしまう日もあります。そのような時に栄養を手軽に補給することが出来る妊婦向けの健康食品やサプリメントなどもありますので、健康食品メーカーの通販サイトで購入しましょう。